スペイン語で親戚を表す単語【祖父・祖母・曽祖父・曽祖母・義父・義母・いとこ・姪・甥など】

親戚 家族

スペイン語圏、特に南米の家族は家族の数がとても大きいのが特徴。

単に家族を紹介すると言ってもこの人もあの人も親戚という面白い現象がよく生じます。

親族と一言で言っても、叔父、叔母、いとこ、などなどたくさんの表現がありますね。

相手に親族を紹介してもらった時、そして私たちも自分たちの親族についてスペイン語で紹介したい時、役立つように今回は親戚の言い方の色々を書いてみたいと思います。

スペイン語での親戚の単語【祖父・祖母など】

おじいちゃん

祖父、祖母
abuelo abuela(アブエロ、アブエラ)

曽祖父、曽祖母
bisabuelo bisabuela(ビスアブエロ、ビスアブエラ)

義父、義母
suegro suegra(スエグロ、スエグラ)

従兄弟、従姉妹(いとこ)
primo prima(プリモ、プリマ)

姪、甥
sobrino sobrina(ソブリノ、ソブリナ)

義兄弟、義姉妹(小舅、小姑)
cuñado cuñada(クニャード、クニャーダ)

ちなみに、“祖父”、“祖母”に関してですが、正確に辞書で見ると、“abuelo”“abuela”となっています。

しかし、現地で親戚を紹介するときは、あまりこれらの表現を使いません。
というのはスペイン語には親しみを込めて家族を呼ぶ習慣があるからです。

例えば、“abuelo”“abuela”は、愛情を込めた表現として“abuelito”“abuelita”(アブエリート、アブエリータ)となります。

こういった表現の方が、こちらの人によく伝わりますよ!

日本語でも自分のおじいちゃんに対して、

「ねぇ、祖父」

なんて呼びかけたりしませんよね。

「ねぇ、おじいちゃん」

と親しみを込めて呼びかけるはずです。
イメージとしてはそれと似ていますね。

ぜひ積極的に相手に家族のことを聞いたり、自分で家族の写真を見せながら紹介したりして、現地の人とのコミュニケーションを楽しんでくださいね。

お父さんやお母さんなど身近な家族についてスペイン語で話す時には下記の記事も参考にしてください。

スペイン語で家族紹介する方法。お父さん・お母さん・兄弟姉妹・祖父母・息子・娘など家族構成を表す単語
スペインや南米に旅行に行く時、よく聞かれるのは家族構成。 特に南米の家族はとても人数が多く、絆もとても強いのが特徴です。 自己紹介をした後に、よく、兄弟は何人いるの?お父さんお母さんは元気?と聞かれます。 そんな時、自分の家族を上...

コメント

タイトルとURLをコピーしました